巻き髪 簡単アレンジのやり方

【ベストハウス123出演!】前島式バストアップダイエット


2011年08月19日

巻き髪 アイロン 使い方

巻き髪 ヘアアイロン に関するお勧めのサイトをご紹介します。


あなたに似合う巻き髪を見つけてください。

ヘアアイロンの使い方
ヘアアイロンの使い方を紹介します。毛束のとり方、カールの作り方etc……
ベースがしっかりしていれば、アレンジも長持ち!


ランダムなカール作りに大活躍する、ヘアアイロン!
ヘアカーラーは、まとまりすぎない、ランダムな動きのあるカールを作りたいときに使います。
顔周りや、ハーフアップのあるの際、束感のあるカールをつくれるため、ヘアアレンジの際も多く使われるヘアアイテムです。
ヘアアイロンの太さは、セミロングの方で26mm〜32mmを目安に、選びましょう。

前処理の仕方
直毛の人は、キープ剤をつけてからカーラーを巻く。
巻いた後は、ワックスを髪全体になじませると、まとめやすくなる。

ブロッキングの仕方
耳前と耳後ろをセンターで分けた後、耳の高さで上下に分け、全体で6分割にする。

ヘアアイロンの巻き方
毛束の中間から毛先にカールをつくる。
アイロンの長さを利用して巻くと、ホットカーラーよりも自然なウェーブができる。
前方にむかって内側にフォワード巻きにすると、ナチュラルな印象のカールに仕上がる。
後方にむかって外側にリバース巻きにすると、フェミニンな印象のカールに仕上がる。
ヘアアイロンには温度調節ができるものもあり、温度や髪質によって異なるが、3〜5秒間を目安に巻くと良い。

ほぐし方、後処理の仕方
カーラーをはずした後、毛束に上から手櫛をとおすと、まとまってしっとりツヤのあるスタイルに仕上がる。
毛束を裂くようにほぐして広げると、カールがほぐれて、空気感のあるふんわりしたスタイルに仕上がる。








【関連する記事】
posted by katahirashusaku at 21:32| コテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。