巻き髪 簡単アレンジのやり方

【ベストハウス123出演!】前島式バストアップダイエット


2011年08月21日

巻き髪 結婚式

巻き髪 結婚式 に関するお勧めのサイトをご紹介します。


あなたに似合う巻き髪を見つけてください。

ダメージを最小限に抑えるコテの使い方
女性の見た目をエレガントに、そして、ゴージャスに演出する巻き髪。その巻き髪を作るのに欠かせないのが「コテ」です。たいへん便利なツールですが、高温になるため、正しく使わなければダメージヘアが進行してしまうことにも……。今回は、ヘアエステに力を入れるサロン「クレアトゥール ウチノ」で、髪のダメージを最小限に抑えるコテの使い方を教えていただきました。


キレイな髪になるために
私は「健康な髪」と「キレイな髪」というのはちょっと違うと思っています。サロンが目指すのは、「キレイな髪」。健康な肌を保とうと思ったら、メイクをしない方が良いと言われるように、健康な髪を保つためには、何もしないことが良いわけです。
しかし、現代の女性は、髪は見た目の年齢を判断させる重要な要素と考え、カラーやパーマ、ヘアスタイリングを当たり前のように行っています。そこには傷みも伴います。毎日行うシャンプーやブローですら、髪にとってはダメージの要因です。

■髪を根本からキレイにできるのは、サロン
実は一番、髪を傷めるようなことをしているのは、サロンなのです。カラーやパーマはその最たること。傷めるから、トリートメントをするわけです。だから、サロンで極力、髪を傷めないようにする、傷みを最小限にとどめるというのが、当サロンが目指していることです。そのために、ヘアエステをしながらカラーリングする方法や、髪にやさしいパーマ液、髪の美しさをキープするヘアケア剤などを開発しています。

■サロンで徹底的ケアするから、ホームケアが簡単に
現代女性は忙しく、毎日のヘアケアに時間をかけたくない方が増えています。ですから、サロンで徹底的にヘアエステをしておいて、ホームケアは最低限で、というのが、サロンに求められていることだと思います。それと同時に、ホームケアには限界がある、髪を根本からキレイにする「ヘアエステ」はサロンでしかできない、とも感じています。
私が最もこだわっているのは、お客さまの髪を徹底してキレイにした上で、似合うスタイルにカットすること。毎日の生活の中で、お手入れは簡単ですむように、カッコイイヘアスタイルを保ってもらうことが美容師の仕事だと思っています。

■「道具」を正しく使って、ヘアダメージを最小限に
ただ、おしゃれのためには、自分でブローしたり、コテで巻いたりすることはあるでしょう。「髪に高い温度を当てると、どういうことが起きるか」ということを承知の上で使わないと、サロンでせっかく髪をきれいにしても、キープすることはできません。「コテを使っている女性は、全員髪が傷んでいた」という調査データもあるようです。ヘアスタイリングする「道具」を正しく使うことで、髪のダメージを最小限に抑えることができます。一度、見直してみてはいかがでしょうか。








ラベル:巻き髪 結婚式
posted by katahirashusaku at 22:59| 結婚式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。